ここから本文です

五輪金のマレー 2年連続4強入り、連戦で疲労見える場面も<男子テニス>

tennis365.net 8月20日(土)13時6分配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は19日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が世界ランク21位のB・トミック(オーストラリア)を6-4, 6-4のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を決めた。

【錦織とマレー 過密日程もマスターズ出場】

この試合、第1セットを先取したマレーは試合中に腰を押さえるなど連戦からの疲れが見える場面もあったが、続く第2セットの第9ゲームでブレークに成功すると第10ゲームではトミックに挽回の隙を与えず、1時間18分で勝利した。

準決勝では、第4シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。ラオニチは同日の試合で第8シードのD・ティエム(オーストリア)を6-3, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

マレーは、14日まで行われていたリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)のテニス競技の決勝で元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を7-5, 4-6, 6-2, 7-5で下して金メダルを獲得すると同時に、史上初の五輪連覇を達成。

その後休む間もなく今大会に出場し、3回戦でK・アンダーソン(南アフリカ)に勝利したことでオープン化以降24人目となるキャリア通算600勝を果たした。

過去の同大会で2008年と2011年に優勝を飾っており、今回は大会3度目の優勝を狙う。

tennis365.net

最終更新:8月20日(土)13時6分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。