ここから本文です

乾、開幕戦スタメン出場も…… エイバル、デポルティボに敗れて4季連続の開幕戦白星ならず

theWORLD(ザ・ワールド) 8月20日(土)8時10分配信

セットプレイから先制点を手にしたが……

乾貴士の所属するエイバルは19日、リーガ・エスパニョーラ第1節でデポルティボと対戦した。試合はデポルティボの本拠地リアソールで行われ、乾は開幕戦でスタメン出場を果たす。

エイバルは昨季、チームの攻撃をけん引したFWボルハ・バルトン、MFケコが移籍し、先発には新加入のFWベベ、MFクリスティアン・リベラ、DFアレハンドロ・ガウベスが並ぶ。前半は互いにゴール前に攻め込むも拮抗した展開が続き、0-0で試合を折り返す。

後半、右サイドにポジションを移したMF乾は、54分に前線でフリーになったFWベベにパスを供給する。ボールを受けたベベがゴール右隅を狙って強烈なシュートを放つもGKルクスが好セーブを見せて弾き出した。この流れでCKを獲得したエイバルは、決定機を活かしてセットプレイから先制点を手にする。左CKからキッカーのベベが蹴りこむとニアサイドに走りこんだDFラミスが頭で合わせて今季初得点をマークした。

このまま逃げ切りたいエイバルだったが、デポルティボがホームで意地を見せ反撃する。ゴールからやや遠めの位置でFKを獲得すると、キッカーのFWルカス・ペレスがゴール前に鋭い弾道のボールを送り込む。これをDFモスケラがファーサイドで合わせて同点に追いつく。さらに85分、FWルカス・ペレスがDFフンカにボックス内で倒されてPKを獲得。これを自らゴール左隅に決めて逆転に成功した。

エイバルは3シーズン連続で開幕戦を白星で飾っていたが逆転負け。先制点を手にするもデポルティボに2-1で敗れた。エイバルで2シーズン目を迎え、守備の戦術理解度を高めた乾は、73分にルベン・ペーニャと交代しピッチを後にしている。

[メンバー]
デポルティボ:ルクス、フアンフラン、アルベントサ、シジネイ、フェルナンド・ナバーロ、モスケラ、ギリェルミ(→ルイジーニョ 68)、ブルーノ・ガマ(→ボルヘス 81)、ファジル、カルレス・ヒル(→アンドネ 57)、ルカス・ペレス

エイバル:リエスゴ、カパ、ガルベス、ラミス、フンカ、ダニ・ガルシア、リベラ、アドリアン・ゴンサレス(→セルジ・エンリク 78)、ベベ(→ペドロ・レオン 85)、キケ・ガルシア、乾(→ルベン・ペーニャ 73 )

[スコア]
デポルティボ 2-1 エイバル

[得点者]
デポルティボ:モスケラ(69)、ルカス・ペレス(87)
エイバル:ラミス(55)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月20日(土)8時13分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。