ここから本文です

西内まりやが「すぐ歌詞にした」タクシーから見た光景とは?

TOKYO FM+ 8月20日(土)12時0分配信

歌手、モデル、女優として活躍する西内まりやがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組の8月14日の放送では、部屋の模様替えをしたエピソードや曲作りの裏話を語りました。

【部屋の模様替えで、心もスッキリ】
この日、西内まりやが近況として語ったのは「部屋の模様替え」について。1年近く前にピアノを部屋に入れて以来、「なんか狭いな。しっくりこないな」と違和感があったそう。しばらくはそのままにしていていたものの一念発起。ピアノやベッドを少しずつ動かし、2時間ほどかかって居心地の良い部屋に変えることができたとか。
大きな家具を動かしたお陰で、普段は手が届かなかった所のホコリもとれて掃除もバッチリ。部屋だけではなく心の中までスッキリしたとのことです。

【インスピレーションを刺激する方法】
リスナーのお悩みに答える「スッピンOFF」のコーナーでは、23歳の男性から寄せられた「最近バンドを組みました。そこで曲を書くことになったのですが、良いテーマが見つかりません。インスピレーションを刺激する方法は何かないでしょうか?」とのお悩みをピックアップ。
西内まりやが初めて作ったのは、「ありがとうForever...」という弾き語りの曲。これはファンイベントを行う際、“ファンの皆さんに何か贈りたい”との想いで制作された曲とのこと。ですが、西内もテーマ探しには苦戦しているとのことで、とっておきの方法を教えてくれました。

それは……『アンテナを張ること!』

「例えば、友達とランチした時に『最近どう?』って聞いたら『彼氏がさ~』っていろいろ話をしてくれますよね。こういう話に少しアンテナを張って“こういう女の子の視点の曲を作ってみよう”と考えます」

さらに、西内まりやのアンテナは日常にも伸びています!

「タクシーに乗っている時とかにも人間観察をするんですよ。実はそこから生まれた歌詞も結構あるんです。夜だったんですけど雨がポツポツ降り始めていて、そこに1人の女の子が雨にも気づかないままずっと下を向いて歩いていたんです。アスファルトはどんどん色が変わっていくのに……。“ハッ! これは!”と思ってすぐに歌詞にしました」

さまざまなアンテナを張ることで、インスピレーションを受けているという西内まりや。放送中には、前に座るスタッフの前髪を見て「♪前髪が~伸びちゃった~♪」と即興で歌い出す場面もありました。「その時に感じたことを曲にしてみてくださいね」というアドバイスは、リスナーに届いたでしょうか。

(TOKYO FMの番組「西内まりや for You...」2016年8月14日放送より)

最終更新:8月22日(月)11時19分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。