ここから本文です

ナダル破ったチョリッチが途中棄権、チリッチが準決勝へ<男子テニス>

tennis365.net 8/20(土) 13:52配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は19日、シングルス準々決勝が行われ、第12シードのM・チリッチ(クロアチア)と世界ランク49位のB・チョリッチ(クロアチア)が対戦し、チリッチが第1セットを6-2で先取したところでチョリッチが膝の痛みを理由に途中棄権を申し入れたため、チリッチが準決勝へ駒を進めた。

チリッチは、準決勝で世界ランク34位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは、同日の試合でS・ジョンソン(アメリカ)を7-6 (10-8), 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

チョリッチは今大会、1回戦でB・ペール(フランス)、2回戦で第14シードのN・キリオス(オーストラリア)、3回戦で第3シードのR・ナダル(スペイン)とシード勢を破り、ノーシードで準々決勝まで駒を進めていた。

同日の試合では第1シードのA・マレー(英国)と第4シードのM・ラオニチ(カナダ)も勝ち進み、両者は準決勝で対戦する。

tennis365.net

最終更新:8/20(土) 13:52

tennis365.net