ここから本文です

「なぜグアルディオラはスペイン、モウリーニョはポルトガルを指揮しない?」 シメオネが疑問

theWORLD(ザ・ワールド) 8/20(土) 10:40配信

クラブと代表の兼任望む

コパ・アメリカ2016終了後にアルゼンチン代表監督を退いたヘラルド・マルティーノの後任には、セビージャ指揮官への就任が決定していたホルヘ・サンパオリやアトレティコ・マドリード指揮官のディエゴ・シメオネ、トッテナム指揮官マウリシオ・ポチェッティーノなどの名前が挙がった。彼らはすでにクラブで仕事をしている身だったが、代表監督を兼任する案が出ていたのだ。

シメオネは代表監督との兼任にも興味を示していたようだが、これを許すクラブは多くないだろう。結局アルゼンチン代表監督にはエドガルド・バウサが就任し、シメオネやポチェッティーノが務める案はなくなった。しかし、シメオネはクラブと代表を兼任するケースがほとんどないことに疑問も感じているようだ。

英『Daily Mirror』によると、シメオネはクラブで指揮を執るトップレベルの指揮官がEURO2016やワールドカップといったメジャートーナメントで指揮を執らないことに疑問を抱いており、代表のトップを決める戦いの場にジョゼップ・グアルディオラら世界最高の指揮官とも呼ばれる人物たちがいないのは良いことではないと語った。

「私は何度も自身に問いかけたよ。なぜグアルディオラはスペイン代表監督をしないのか、なぜモウリーニョはポルトガル代表監督を、ペジェグリーニはチリ代表を、クロップはドイツ代表を、アンチェロッティはイタリア代表を指揮しないのかね。世界のベストと言われる指揮官たちが彼らの国で指揮を執れない。これは良いことではないよ。我々は解決策を探さないといけない」

確かに、モウリーニョが母国ポルトガル代表監督を指揮する姿などを見てみたいサッカーファンは多いだろう。シメオネが名前を挙げた指揮官らがワールドカップに出てくれば、それだけで注目度は飛躍的に上がるはずだ。今のところそれを実現するのは難しいが、いつの日かワールドカップとチャンピオンズリーグの両方で世界トップレベルの名将が激突する姿を見ることはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/20(土) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)