ここから本文です

【MLB】オリオールズがメジャー記録樹立 初回1死前に4本塁打!

Full-Count 8月20日(土)10時59分配信

初回から大砲炸裂、金賢洙の中前打を含む5連打4アーチ

 オリオールズが19日(日本時間20日)本拠地でのアストロズ戦で、メジャー新記録を樹立した。初回に1死を記録する前に4本のホームラン炸裂。球団公式サイトによれば、1チームが初回に4発を記録したのは史上8度目のメジャータイ記録で、1死を記録する前に4本塁打が出たのは、1900年以降では史上初の出来事だという。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 オリオールズは、1回表にアストロズのスプリンガーに右中間席に先制弾を運ばれ、先制を許していた。だが、1回裏、まさかの展開が待っていた。

 まずは、先頭ジョーンズが先発マキューの初球をレフト席へ運ぶ同点先頭打者弾とすると、続く金賢洙はセンター前ヒットで出塁。この後、3番マチャドがセンターへ2点弾、4番デービスが右中間へソロ弾、さらには5番トランボが今季36号となる大アーチをセンターへ運んだ。続く6番アルバレスが二ゴロに倒れるまでに、4本塁打を含む5連打で、あっという間に逆転に成功した。

 オリオールズは、この日までに30球団トップのチーム183本塁打を記録と長打が魅力。現在、メジャートップの本塁打数を誇るトランボは、2位エンカーナシオンに2本差をつける36本とした。残り1ヵ月以上あることを考えると50本塁打も夢ではないかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月20日(土)10時59分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]