ここから本文です

大会2日目、女子団体準々決勝結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月20日(土)13時29分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の2日目は、男女団体の準々決勝、準決勝、決勝が行われている。

大会2日目、男子団体準々決勝、準決勝、決勝予定(随時更新) [第43回全中]

試合方法◎団体戦は、単3本+複2本の合計5ポイント(試合順D2→D1→S3→S2→S1)で争われ、1回戦~準決勝は1セットマッチ(6ゲームズオール後タイブレーク・システム)、決勝戦のみ8ゲームプロセットマッチで行われる。1回戦は全ポイント行い、2回戦以降は勝敗決定後、打切り。

     ◇   ◇   ◇

【女子シード順位】

城南学園(大阪)[1]
小平市立小平第二(東京)[2]
聖徳大附取手聖徳女子(茨城)[3-4]
大阪女学院(大阪)[3-4]
雲雀丘学園(兵庫)[5-8]
成蹊(東京)[5-8]
東京学館浦安(千葉)[5-8]
椙山女学園(愛知)[5-8]

------------------------

【女子団体準々決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号、名前の左に付いている数字は登録番号

1城南学園(大阪)3-0 6横浜市立富岡(神奈川)
D2 ○1有木真絢/7今井彩稀 6-1 ●1萩原 翠/5北野来芽
D1 ○9山口花音/10武本萌衣 6-1 ●2坂野文南/6沼崎瑠海
S3 ○5高岡鈴蘭 6-1 ●4冨田夕夏
S2 6児山心美 打切り 3宮 亜美
S1 2山口瑞希 打切り 7山本綾夏

9聖徳大附取手聖徳女子(茨城)3-2 16成蹊(東京)
D2 ●5山本彩香/6森 唯奈 3-6 ○1石澤千花/8染矢莉奈
D1 ●3田中日南乃/7小西真朱 5-7 ○5谷口桃仁香/7松廣菜々子
S3 ○4浅川夏絵手 7-5 ●2五十嵐日和
S2 ○2江頭美紅 7-5 ●3藁科怜乃
S1 ○1露久保愛美 6-3 ●4中島遼佳

----------

19倉敷市立児島(岡山)1-3 21札幌市立稲陵(北海道)
D2 ●6森 萌希/7星島澪華 1-6 ○4杉内萌夏/5高島菜月
D1 ●4渡邉 澪/5山水実々 1-6 ○2木村由寿/3谷渕友梨
S3 ○1中島玲亜 6-4 ●1田巻日菜乃
S2 3菱川夏奈 5-4 打切り 8上田愛梨
S1 ●2石川こころ 2-6 ○7志賀瑚華

25椙山女学園(愛知)0-3 32小平市立小平第二(東京)
D2 ●4三木萌愛/7加藤里帆 2-6 ○4西村瑠生/5金子さら紗
D1 ●2中村祐子/3阿知波里佳 4-6 ○6近藤佳怜/7内島舞子
S3 ●5久世有希菜 0-6 ○1内島萌夏
S2 1鍋田紗央 2-4 打切り 2河野瑞生
S1 6松葉亜子 1-0 打切り 3毛呂彩音

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月22日(月)12時14分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。