ここから本文です

【高校野球】最多37回出場の北海が初の決勝へ エース大西が4戦連続完投&決勝打

Full-Count 8/20(土) 15:24配信

終盤に秀岳館の猛追を受けるも1点リード死守

 20日に行われた第98回夏の甲子園大会準決勝第2試合は、北海(南北海道)が秀岳館(熊本)を4-3で破り、初の決勝進出を決めた。88年ぶりの準決勝進出の勢いに乗って、強豪を撃破。エース大西が9回3失点の力投。終盤に追い上げられるもリードを死守した。

2016年の優勝校は…21世紀の甲子園優勝校

 大西は初回、秀岳館先頭の松尾にいきなり右中間への三塁打を浴びる。2番原田には四球を与え、一、三塁に。しかし、続く木本の打席で原田の二盗を捕手の佐藤大が阻止。さらに暴投で1点を失うかと思われたが、本塁で刺して2死とした。木本にヒットを打たれた後、4番九鬼の打球は左翼へ。これを左翼手の布施が好捕。無失点で切り抜けた。

 一方、北海打線も初回、2回と満塁の好機を作ったが、無得点。しかし3回、2死二、三塁の場面で投手の大西が勝負強い打撃を見せる。秀岳館先発の左腕・川端に代わりマウンドに上がった中井から右中間へ先制の2点三塁打。さらに9番鈴木にもタイムリーが飛び出し、この回3点を奪った。さらに5回2死一、三3塁から1番小野が三遊間を破るタイムリーでリードを4点に広げた。

 大西は低めをつく丁寧な投球。疲れがある中、気迫のピッチングで6回までスコアボードにゼロを並べた。しかし、7回2死二、三塁からワイルドピッチで1点を失うと、8回にも2失点。終盤に秀岳館の猛追を受けた。それでも1点のリードを死守。大西はこれで全4試合で完投勝利を挙げ、チームを初の決勝へと導いた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/20(土) 15:35

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。