ここから本文です

早大の小林雅哉(1年)と林恵里奈(4年)が優勝 [インカレテニス]

THE TENNIS DAILY 8月20日(土)17時43分配信

「平成28年度 全日本学生テニス選手権大会(男子84回/女子60回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/本戦8月14~20日/ハードコート)の大会最終日は、男女単複の決勝が行われた。

女子シングルス決勝は林(4年)と細沼(3年)の早大対決に [インカレ]

 1年生対決となった男子シングルス決勝は第10シードの小林雅哉(早稲田大学)が予選から勝ち上がってきた望月勇希(中央大学1年)を7-6(1) 4-6 6-3で、早稲田大学同士の対戦となった女子シングルス決勝は第2シードの林恵里奈(4年)が第12シードの細沼千紗(3年)を6-2 6-2で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第8シードの逸崎凱人/畠山成冴(慶應義塾大学2年/2年)が第1シードの小堀良太/坂井勇仁(早稲田大学4年/2年)を6-1 7-6(3)で、女子ダブルス決勝は第1シードの林/上唯希(早稲田大学2年)が第3シードの米原実令/森崎可南子(筑波大学3年/2年)を6-4 6-2で倒してタイトルを獲得。林は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

●41望月勇希(中央大学1年)[Q] 6-7(1) 6-4 3-6 ○84小林雅哉(早稲田大学1年)[10]

------------------------

【女子シングルス決勝】

●37細沼千紗(早稲田大学3年)[12] 2-6 2-6 ○96林恵里奈(早稲田大学4年)[2]

------------------------

【男子ダブルス決勝】

●1小堀良太/坂井勇仁(早稲田大学4年/2年)[1] 1-6 6-7(3) ○25逸崎凱人/畠山成冴(慶應義塾大学2年/2年)[8]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○1林恵里奈/上唯希(早稲田大学4年/2年)[1] 6-4 6-2 ●36米原実令/森崎可南子(筑波大学3年/2年)[3]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月20日(土)17時43分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]