ここから本文です

「ベストプレイヤーと言っておきながら、プレイさせない」 指導受けたMFが明かすペップの難しさ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/20(土) 18:20配信

選手とコミュニケーションが取れていない部分も

現在マンチェスター・シティでは、指揮官ジョゼップ・グアルディオラが守護神ジョー・ハートを構想外にしていることが話題を呼んでいる。ハートにとっては苦しい時間となっているが、その気持ちを理解しているのがストーク・シティでプレイするジェルダン・シャキリだ。

シャキリはバイエルンでグアルディオラの指導を受けたが、出場機会はそれほど多くなかった。シャキリはグアルディオラのことを優秀な指揮官とは認めているものの、選手とコミュニケーションを取るのがそれほど上手ではないと見ている。英『Daily Mail』がシャキリのコメントを伝えた。

「グアルディオラはとても優秀な指揮官だが、コミュニケーションが取れていなかった。グアルディオラは選手に理由を言わないんだ。もちろんそれは選手にとって難しいことだけど、特に難しいのは彼がメディアに対して、彼はとても良い選手だ。ベストプレイヤーだよと言う時だね。そう言っておきながら彼はプレイさせない決断を下す。それはもちろん難しい」

「最終的にバイエルンではタイトルを獲ったし、彼がマンCでも上手くやることを願っている。だけどここは違うリーグだし、彼のキャリアの中で最も難しいシーズンになるはずだよ。サンダーランド戦を見た時はそう思ったね。このリーグはクレイジーなんだ。ベストプレイヤー、ベストな指揮官が多くいる。素晴らしいことだ。プレミアリーグはとてもタフだし、彼に何が起こるのか見てみよう」

そのシャキリは20日にグアルディオラ率いるマンCと対戦する。グアルディオラにプレミアリーグがどれだけタフなのかを伝えるには最高の機会と言えるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/20(土) 18:20

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]