ここから本文です

女子団体は城南学園(大阪)が2連覇 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月20日(土)19時0分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の2日目は、男女団体の準々決勝、準決勝、決勝が行われた。

大会2日目、男子団体準々決勝、準決勝、決勝結果 [第43回全中]

試合方法◎団体戦は、単3本+複2本の合計5ポイント(試合順D2→D1→S3→S2→S1)で争われ、1回戦~準決勝は1セットマッチ(6ゲームズオール後タイブレーク・システム)、決勝戦のみ8ゲームプロセットマッチで行われる。1回戦は全ポイント行い、2回戦以降は勝敗決定後、打切り。

     ◇   ◇   ◇

【女子シード順位】

城南学園(大阪)[1]
小平市立小平第二(東京)[2]
聖徳大附取手聖徳女子(茨城)[3-4]
大阪女学院(大阪)[3-4]
雲雀丘学園(兵庫)[5-8]
成蹊(東京)[5-8]
東京学館浦安(千葉)[5-8]
椙山女学園(愛知)[5-8]

------------------------

【女子団体決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号、名前の左に付いている数字は登録番号

1城南学園(大阪)3-2 32小平市立小平第二(東京)
D2 ○9山口花音/10武本萌衣 8-5 ●4西村瑠生/5金子さら紗
D1 ●1有木真絢/7今井彩稀 6-8 ○6近藤佳怜/7内島舞子
S3 ●6児山心美 3-8 ○3毛呂彩音
S2 ○2山口瑞希 8-5 ●1内島萌夏
S1 ○5高岡鈴蘭 8-1 ●2河野瑞生

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月20日(土)19時0分

THE TENNIS DAILY