ここから本文です

団体戦は小平第二(東京)と城南学園(大阪)の男女トップシードが全国制覇 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8/20(土) 21:00配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の2日目は、男女団体の準々決勝、準決勝、決勝が行われ、男子は第1シードの小平第二(東京)が3~4シードの甲南(兵庫)を3勝2敗で破り、初優勝を飾った。女子は同じく第1シードの城南学園(大阪)が第2シードの小平第二(東京)を3勝2敗で破り、2年連続4度目の優勝を果たした。小平第二はアベック優勝を目指したが叶わなかった。

選手宣誓は 地元富山県代表の碓井和志(上市町立上市中)と田畑つぐみ(富山市立呉羽中) [第43回全中開会式]

     ◇   ◇   ◇

【男子団体決勝】※校名の左に付いている数字はドロー番号、名前の左に付いている数字は登録番号

1小平市立小平第二(東京)3-2 24甲南(兵庫)
D2 ●7堤 太樹/8榎本稜介 3-8 ○3日野健太/4宇津原陽
D1 ●4中 基/5小澤夏輝 3-8 ○5篠原ユーコン嶺/6杉内孝行
S3 ○1高畑里玖 8-0 ●2西村瑛人
S2 ○3今鷹洸太 8-4 ●1森田篤郎
S1 ○2守谷 岳 8-1 ●7藤原朋矢

------------------------

【女子団体決勝】

1城南学園(大阪)3-2 32小平市立小平第二(東京)
D2 ○9山口花音/10武本萌衣 8-5 ●4西村瑠生/5金子さら紗
D1 ●1有木真絢/7今井彩稀 6-8 ○6近藤佳怜/7内島舞子
S3 ●6児山心美 3-8 ○3毛呂彩音
S2 ○2山口瑞希 8-5 ●1内島萌夏
S1 ○5高岡鈴蘭 8-1 ●2河野瑞生

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/20(土) 21:00

THE TENNIS DAILY