ここから本文です

アーセナルにはスアレスとアグエロをMIXさせたFWがいる ヴェンゲル「スアレスと似たクオリティ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月20日(土)18時50分配信

ジルーに代わるFWとしては最適か

今夏オリヴィエ・ジルーに代わるワールドクラスのストライカー獲得が期待されていたアーセナルだが、ここまでジルーを脅かすような選手は獲得できていない。現在は負傷者が続出しているセンターバックの補強にも話題が集中しており、FW獲得案はこれまで以上に進行していない。

しかし、まだアーセナルにはアレクシス・サンチェスを最前線で起用する案が残っている。英『Daily Mirror』によると、指揮官のアーセン・ヴェンゲルはサンチェスの得点力、運動量、テクニックがマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロとバルセロナFWルイス・スアレスをMIXさせたようなものと感じており、サンチェスを最前線で使っていく選択肢もあることをアピールした。

「彼にはトップレベルのテクニックがある。スアレスと似たクオリティを持っているね。それに良いタイミングで相手DFの背後に走ることができる。サンチェスのFW起用はオプションになる。彼はバルセロナでもセンターフォワードでプレイしていたからね」

サンチェスはアーセナルで左サイドを任されることが多く、ヴェンゲルはサンチェスを左で起用することも好きだと認めている。サンチェスはチャンスメイク、フィニッシュのどちらもできる選手で、サイドでも中央でも持ち味を発揮できる。しかしFWが不足している状況では、サンチェスをセンターフォワードで固定するのも1つの手かもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月20日(土)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。