ここから本文です

マレーが疲労を訴えつつも準決勝に進出 [シンシナティ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8/20(土) 22:25配信

 アメリカ・シンシナティで開催されている「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/8月15~21日/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)の男子シングルスで、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)がバーナード・トミック(オーストラリア)を6-4 6-4で下して準決勝に進出した。彼はこの勝利で、ウィンブルドン優勝やリオ五輪金メダルを含めた夏の成功をさらに延長した。マレーは背中の痛みに苦しめられてはいたものの、現在キャリア最高である21連勝を記録している。

「単なる疲労なのだと思う」とマレーは、背中の堅さをはじめとする体調の問題についてこう言った。

マレーがシングルスで2つの金メダルを獲得した初の選手に [リオ五輪]

「短い期間に多くの試合をプレーしてきた。またその過程でサーフェスも変わった。ハードコートは関節に追加的にストレスを加えるんだ。といっても、ありのままを受け入れるしかないけど。僕は大丈夫だよ。ただ乗り越えて、受け入れる必要があるだけだ」

 2008年と2011年にシンシナティのタイトルを獲っているマレーは、メインドローに勝ち残っている選手の中で唯一の優勝経験者だ。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)は故障により欠場。ラファエル・ナダル(スペイン)は2ヵ月の休養を強いた手首の故障のあと、まだ本来の調子に戻る過程にあり、今回は時期尚早に大会から敗退した。

 マレーはまだ勝ち残っている唯一のビッグ4の一員でもあるが、ややオーバーヒートしながら走り続けている。彼は日曜日にリオ五輪で金メダルを獲得してからシンシナティに飛んで、疲れきった身体としつこい鼻風邪にも関わらず、準決勝に進出した。

 金曜日の準々決勝でマレーは第1ゲームでボールを追ったあとに背中下部の筋肉に張りと痛みを覚え、セットを通してそれをいたわりながらプレーしていた。第2セットには彼のコート上での動きはずっとよくなり、ブレークを果たして5-4とリードすると、自分のサービスをキープして試合を締めくくった。

 トミックのトップ4選手に対する対戦成績は、これで0勝17敗となった。マレーに対しては過去の5対戦で全敗しており、1セットを取ることもできていない。

 マレーは準決勝で第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチは第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 6-4で下して勝ち上がった。

 過去58のマスターズ1000大会のうち、54大会でビック4の一角が優勝を遂げているが、様々な理由からトップ選手がいなくなり、今、例えばグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)のようなノーシード選手にもマスターズのタイトルを勝ち獲るチャンスが生まれている。ディミトロフはスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を7-6(8) 6-2で倒し、キャリアで3度目のマスターズ1000大会の準決勝に進出した。

「決勝に進出できるよう祈っている」とディミトロフは言った。

 敗れはしたが、ジョンソンは来週発表されるATPランキングでジョン・イズナー(アメリカ)を追い抜き、アメリカ人として一番高いランキングに上がることになる。イズナーはナンバーワンのアメリカ人の座を2013年7月29日からキープしていた。

 ディミトロフは次の試合で、初のマスターズ準決勝進出となった第12シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは準々決勝で、19歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)が第1セットを落としたあとに棄権したため、試合を終えずに準決勝進出を決めた。第1セットは28分ののちに6-2でチリッチがものにしたが、そのセットの間、チョリッチは両膝にテーピングをした姿で戦っていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MASON, OH - AUGUST 19: Andy Murray of Great Britain hits a return to Bernard Tomic of Australia during a quarterfinal match on Day 7 of the Western & Southern Open at the Lindner Family Tennis Center on August 19, 2016 in Mason, Ohio. (Photo by Joe Robbins/Getty Images)

最終更新:8/21(日) 14:21

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています