ここから本文です

今季こそアーセナルがトップ4から落ちるかも クラブOBがアーセナルに負けは許されないと警告

theWORLD(ザ・ワールド) 8月20日(土)19時40分配信

レスター戦の負けは許されない

まだプレミアリーグは第2節を迎えたばかりで、開幕戦を落としたからといって特別焦る必要はないだろう。しかし、今季は以前までのプレミアリーグとは大きく違っている。優勝を狙えるクラブが複数存在し、指揮官も豪華だ。上位争いは過去に例を見ないほど熾烈なものとなるだろう。トップ4入りを狙うクラブにとっては序盤戦の躓きが大きく響く可能性も考えられる。

解説を務める元イングランド代表のポール・マーソン氏は、トップ4を守り続けてきたアーセナルが危険だと警告している。アーセナルは開幕戦でリヴァプールに3-4で敗れ、今節は昨季王者レスター・シティと対戦する。英『Daily Star』によると、マーソン氏は今季こそアーセナルがトップ4から落ちるかもしれないと語り、負けは許されないと警告を発している。

「彼らはレスター同様負けは許されない。リヴァプール戦を見た後だと、バーディとマフレズがアーセナルの4バックに何をするか考えるのは恐ろしいね。今季は全てのトップクラブが改善されていて、今までにないほど競争的だ。今季はアーセナルがトップ4から落ちるかもしれない。その後何が起こるだろうか?エジルやサンチェスのような選手はチャンピオンズリーグでプレイしない場合どうするのか。トップ4から落ちるのはアーセナルにとって最悪なことだよ」

当然トップ4に入れなければ指揮官アーセン・ヴェンゲルの進退にも影響し、チームは大きく方向を変えることになるかもしれない。そうならないためにもマーソン氏は序盤戦で良いスタートダッシュを切ることが重要だと語っており、レスター戦の負けは許されないとの考えだ。

同氏は前節欠場したDFローラン・コシェルニーを含め総力戦でレスターに臨むべきと捉えているが、ヴェンゲルは危機感を持っているだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月20日(土)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)