ここから本文です

【高校野球】マウンドを降りても心はマウンドに 作新学院エース今井がかけた言葉

Full-Count 8/20(土) 21:29配信

3投手の継投で54年ぶり決勝進出を決めた作新学院、

 作新学院(栃木)が初優勝した1962年以来、54年ぶりの決勝進出を決めた。20日の準決勝で明徳義塾(高知)に10-2で快勝。決勝戦は初優勝を目指す北海(南北海道)と戦う。

2016年の優勝校は…21世紀の甲子園優勝校

 打線が明徳投手陣を攻略。点差が大きく開いたため、作新学院の小針監督は今井を5回で降板させ、右翼の守備に就かせた。2番手には同じ3年生の左腕・宇賀神、9回には春まで投手だった一塁の入江を登板させた。

 ここまで今井は3試合連続完投中だったが、2投手も力があり、信頼していたため、送り込んだ。今井は「もう少し投げたかった。タフにならないといけない」と悔しがったが、6回以降を他の投手に任せることができたのはチームにとっても大きい。

 ただ、いくら点差があるとはいえ、何が起こるかわからないのが高校野球。しかも、宇賀神は栃木県大会で3試合に登板していたものの、甲子園ではこれが初マウンドだった。満員の観衆で自分の力が発揮できない初登板投手は多い。しかし左腕はこの日、ピンチを招くも、平常心で投げることができた。

甲子園初マウンドの宇賀神に今井がかけた言葉

 実は宇賀神は6回のマウンドに向かう時、エースの今井から声をかけられている。

「俺も守っているし、入江もいるから心配するな。思い切っていってこい」

 6回の先頭打者にヒットを許した。7回には1死満塁のピンチを作った。それでも後続を断って、無失点。8点差とはいえ、相手に流れを渡すことはなかった。

「みんな緊張する自分に声をかけてくれたのが大きかった。今井が優しく言葉をかけてくれました。明日(決勝戦は)登板はないかもしれないけど、ベンチで今井や野手を大きな声で盛り立て、サポートしたい」。ナインは一丸となって優勝旗をつかみにいく。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/20(土) 21:34

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]