ここから本文です

放置自転車、ベトナムへ 川崎でボランティア募集

カナロコ by 神奈川新聞 8月20日(土)19時30分配信

 川崎市内の放置自転車をベトナムに寄贈している日本ベトナム友好協会川崎支部は、9月3日に行う自転車整備のボランティアを募集している。

 同支部は2003年から毎年、保管期間を過ぎた放置自転車を市から譲り受け、川崎港の友好港・ダナン港があるベトナム・ダナン市とクアンナム省に送っている。29回目となる今回の325台を合わせると、累計約1万2千台に上る。

 寄贈した自転車は、小中学生に通学用として使われているという。同支部は「ベトナムでは10キロ以上かけて通っている子も多いが、自転車をもらい始めて登校率が上がったとも聞いている。2万台を目標に続けたい」と話している。

 整備作業は午前8時半から塩浜陸橋下自転車等保管所(川崎区)で行う。自転車の清掃や点検のほか、コンテナに積みやすいようハンドルを回転させたり、ペダルを外したりする。同8時に川崎市役所前バス停に集合するか、直接会場に向かう。問い合わせは、同支部電話044(246)6823。

最終更新:8月20日(土)19時30分

カナロコ by 神奈川新聞