ここから本文です

MotoGP第11戦チェコGP予選:マルケスがコースレコードをマークしポールポジション獲得

オートスポーツweb 8月20日(土)23時14分配信

 MotoGP第11戦チェコGP、MotoGPクラスは、チェコのブルノサーキットで2日目の予選を行い、マルク・マルケス(ホンダ)が1分54秒596でポールポジションを獲得した。 MotoGPクラスの3回のフリー走行でトップに立ったのはホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)。総合11番手以下のライダーによって争われるQ1で上位につけたダニ・ペドロサ(ホンダ)とブラドリー・スミス(ヤマハ)のふたりを加えた12名のライダーによって、Q2は争われた。

 気温26度、路面温度40度のドライコンディションで争われたQ2でまずトップに立ったのはロレンソ。ロレンソは開始5分すぎ、1回目のアタックで1分54秒959を記録する。2回目のアタックでロレンソは1分54秒849とファステストを更新するが、セッション終了間際の最後のアタックでマルケスが1分54秒596を記録。今シーズン5回目のポールポジションを獲得した。

 2番手に1分54秒849でロレンソ、最後のアタックで1分55秒227を記録したアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が3番手を獲得した。

 4番手に1分55秒324でアレイシ・エスパルガロ(スズキ)、インディペンデントチームトップの5番手に1分55秒437でエクトル・バルベラ(ドゥカティ)が続き、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は1分55秒509で6番手。7番手に1分55秒748でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)、8番手に1分55秒787でマーベリック・ビニャーレス(スズキ)が続き、Q1からQ2に進出したペドロサは1分55秒841で9番手を獲得。10番手に1分55秒930でカル・クロッチロウ(ホンダ)が続いた。

 ブラドリー・スミス(ヤマハ)が1分56秒115で11番手、ポル・エスパルガロ(ヤマハ)が1分56秒522で12番手に続き、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が1分56秒148で13番手だったが、前戦のペナルティのため、16番グリッドに降格する。

 スコット・レディング(ドゥカティ)が1分56秒263で14番手、ユージン・ラバティ(ドゥカティ)が1分56秒535で15番手、ステファン・ブラドル(アプリリア)が1分56秒718で16番手となったが、ペトルッチのペナルティにより、レディング、ラバティ、ブラドルの3人はそれぞれグリッドが一つずつ上がる。

 以下、17番手に1分56秒797でロリス・バズ(ドゥカティ)、18番手に1分56秒805でヨニー・エルナンデス(ドゥカティ)、19番手に1分57秒062でアルバロ・バウティスタ(アプリリア)、20番手に1分57秒606でティト・ラバット(ホンダ)の順となった。



[オートスポーツweb ]

最終更新:8月21日(日)11時30分

オートスポーツweb