ここから本文です

『仮面ライダーW』飛鳥凛、女性同士のラブシーン挑戦 中田秀夫監督初ロマンポルノ

クランクイン! 8/20(土) 21:00配信

 『リング』シリーズでホラーの巨匠となった中田秀夫監督が初めてロマンポルノに挑んだ『ホワイトリリー』に、『仮面ライダーW』出演女優・飛鳥凛が主演を務めることが決定。劇中でヌードを披露して体当たりの演技を魅せる飛鳥は、「自分の中でもまさに”挑戦”となる作品でした」と語った。

【関連】『ホワイトリリー』フォトギャラリー


 本作は、生誕45周年を記念したロマンポルノリブートプロジェクトの一環として、28年ぶりに完全オリジナルの新作として製作された作品。劇中では、 傷ついた過去を慰めあうように寄り添い生きてきた二人の女・はるかと登紀子が、自分たちの秘密に踏み込んできた男・悟によって、それぞれの愛を暴走させる姿が描かれる。

 メガホンを取る中田監督は、日活助監督試験を合格したあと、ロマンポルノの撮影現場で小沼勝監督の元助監督として数々の現場で学んだものの、監督デビューする前にロマンポルノの製作が終了。本作で積年の思いが叶い、満を持して監督を務めることになった。

 はるかに扮し、究極の女性愛を体現するために、初めてヌードを披露した飛鳥は、「中田監督は常に丁寧で細やかで穏やかで、撮影に臨む自分の支えとなって頂きました。この作品の雰囲気や世界観は、どこか懐かしく、女性ならではの機微を描いた作品なので、是非女性のお客様にも沢山観て頂きたいと思います」とコメント。

 ロマンポルノリブートプロジェクトは、中田監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、行定勲監督ら第一線で活躍する映画監督が揃って参加するため、多方面から注目が集まっている。

最終更新:8/20(土) 21:00

クランクイン!