ここから本文です

次週『真田丸』、形勢不利の三成を救うため信繁は思いもよらぬ提案を

クランクイン! 8/20(土) 12:30配信

 現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』。前回放送の第32話では、秀吉(小日向文世)が亡くなり、大老と奉行の合議制で政が進むことになる。そんな中、家康(内野聖陽)と三成(山本耕史)は、お互い宴を開いては自分の陣営に味方を増やそうと躍起なる。秀吉の遺言を無視し政略結婚を次々と進めるなど影響力を強めていく家康に、三成は業を煮やし合議から家康を外そうと。そしてついに決意する。

【関連】『真田丸』第33話「動乱」場面写真フォトギャラリー


 第33話「動乱」では、三成は家康を討つため伏見城下の徳川屋敷を急襲することを決意。だが暗殺計画は徳川家重臣・本多正信(近藤正臣)に漏れてしまう。

 正信は諸大名に危機を訴え屋敷の守備に駆けつけるよう呼びかけ、徳川につくかどうか踏み絵を踏ませる。一気に形勢不利となった三成を救うため信繁(堺雅人)は、昌幸(草刈正雄)のもとを訪ね、思いもよらぬ提案を行う…。

 NHK大河ドラマ『真田丸』第33話はNHK BSプレミアムにて8月21日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

最終更新:8/20(土) 12:30

クランクイン!