ここから本文です

<リオ五輪>ホテル変更、エレベーター閉じ込め… 記者もトラブルに見舞われる

沖縄タイムス 8月20日(土)12時25分配信

 「あんな色の温泉、見たことある…」。水球取材の際、隣に座った記者がつぶやいた。飛び込みや水球などが行われたマリア・レンク水泳センターは藻が繁殖し、水の色が緑色に変色し問題になった。会場プールの水質について「(薬品で)目を開けられないほど痛かった」とぼやく選手も。

 今大会は準備の遅れや運営の不手際がたびたび指摘された。報道関係者も、宿泊先のホテルでお湯が出ないなどのトラブルに見舞われた。

 私の場合は、出発直前に建設の遅れで宿泊のホテルが変更になったり、エレベーターが停止して中に閉じ込められたり。

 部屋のドアは、カードキーで開けるとアラームが誤作動。スタッフを呼ぶと「ほら、こうすれば直るよ」とロック金具の部分をガチャガチャといじり、解除して見せる。アラームを先に直してよ、と思いつつ、後日この解除法、マスターしました。(社会部・又吉俊充)

最終更新:8月20日(土)12時25分

沖縄タイムス