ここから本文です

ご当地ギャグ 笑い随所に 小矢部・市民劇団「めるへん劇団」

北日本新聞 8/20(土) 23:09配信

 小矢部市の市民劇団「めるへん劇団」は20日、同市津沢地区の津沢あんどん広場で第24回公演「忍者☆ハットリ半蔵」を行った。ご当地ネタを随所に散りばめたユーモアあふれる手作り舞台が見物人を楽しませた。

 氷見市出身の漫画家・藤子不二雄(A)さんの「忍者ハットリくん」をヒントに、半蔵が風魔一族に奪われた伊賀忍法帖と忍者笛を取り戻すストーリーを繰り広げた。

 津沢の商店や夜高祭などご当地ネタやギャグを盛り込んだせりふに何度も笑いに包まれた。リオデジャネイロ五輪に出場した地元出身の小野真由美選手にちなんでホッケーネタも。人形を使った綱渡りの術など多くの忍術も登場し、会場は盛り上がった。

 劇団は「愛と勇気と冒険」をテーマに活動しており、半蔵と友情を結んだ少年ケン一が成長する姿も描いた。配役31人によるミュージカル仕立ての舞台に見物人は大きな拍手を送っていた。

北日本新聞社

最終更新:8/20(土) 23:09

北日本新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革