ここから本文です

好リードで完封勝ちに大きく貢献 正捕手として存在感が増す巨人・小林誠司

ベースボールキング 8/20(土) 19:00配信

「(小林)誠司が良く引っ張ってくれたと思います」。

 試合後のヒーローインタビューで先発した大竹寛が話したように、巨人のプロ3年目・小林誠司捕手の好リードもあり、20日の阪神戦に3-0で勝利した。

 小林は日本生命から13年ドラフト1位で巨人に入団。強打の捕手・阿部慎之助の後継者として期待され、1年目から控え捕手として一軍で経験を積んだ。昨季は長年正捕手に君臨した阿部が一塁へコンバート。FAでヤクルトから加入した相川亮二との正捕手争いを繰り広げたが、定位置確保には至らず。

 そして今季、阿部が再び捕手へ復帰。阿部はキャンプで、若手にアドバイスを送るなど捕手としての存在感を見せた。正捕手を目指す小林は、今季もベンチを温める日々が続くのではないかと思われた。だが阿部は、3月に入るとコンディション不良により二軍で再調整。右肩痛とコンディション不良で開幕に間に合わず、3年目の小林が開幕スタメンの座を勝ち取った。

 小林は3月25日のヤクルトとの開幕戦で、打っては2点タイムリーを放ち、守りでも強打のヤクルト打線を1点に抑える好リードで勝利に大きく貢献。日本テレビ系で同日放送された巨人-ヤクルト戦のゲスト解説を務めた原辰徳前監督は「昨年は経験もしているし、バッティングも意外性がある。肩の強さは世界の中に出しても恥ずかしくない」と太鼓判を押した。

 原前監督から絶賛されるも、春先は打てる捕手・阿部と比べられることが多かった。それでも、毎試合マスクを被り続けることで、首脳陣、投手陣の信頼を掴んでいく。特に小林の存在感の大きさを感じたのは、「左肩甲骨棘下窩骨折」で離脱したときではないだろうか。

 6月22日に一軍登録を抹消されると、7月8日に一軍復帰するまでの間、チームは4勝7敗と負け越し。それまで防御率0点台を記録していたエース・菅野智之は、今季初めて相川亮二とバッテリーを組んだ6月24日のDeNA戦で、3回途中9失点でノックアウトされた。その時に、捕手・小林の重要性を感じたファンも多かったのではないだろうか。ちなみに、菅野は小林が復帰後、5試合に登板しているが、3失点以上許した試合はない。

 また菅野の登板時だけでなく、20日の阪神戦で2009年9月10日のヤクルト戦以来となる二ケタ奪三振を挙げた大竹寛や、内海哲也が先発する試合でも良さを引き出している。課題の打撃は規定打席到達者の中でワースト2位に沈むが、勝ちが求められる球団の中で、“捕手”としては良い働きを見せているといえるだろう。今後も、捕手として存在感が増している小林の活躍に期待したいところだ。

BASEBALL KING

最終更新:8/20(土) 19:09

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。