ここから本文です

レヴァンドフスキが前半だけで3ゴール バイエルン、4部クラブを5発粉砕

SOCCER KING 8月20日(土)10時52分配信

 DFBポカール1回戦が19日に行われ、カールツァイス・イェーナ(4部所属)とバイエルンが対戦した。

 14日に行われたドイツ・スーパーカップでドルトムントを2-0で破り、今シーズン初タイトルを獲得したバイエルン。DFBポカール1回戦ではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやドイツ代表FWトーマス・ミュラー、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらが先発メンバーに名を連ねた。

 スコアは開始早々に動いた。3分、バイエルンのフランク・リベリーがドリブルで左サイドから中央へカットイン。ペナルティーエリア中央へパスを送ると、ミュラーのポストプレーから混戦となり、最後はレヴァンドフスキが右足シュートをゴール左隅へ決めた。

 早々と先制に成功して優位に立ったバイエルンは34分、リベリーがペナルティーエリア左手前でボールを持つと、右前方へアウトサイドでスルーパス。走り込んでいたレヴァンドフスキの前で相手DFがボールに触れたが、クリアしきれずに後方へ流れたところにいち早く反応したレヴァンドフスキが詰めて2ゴール目を挙げた。

 さらに44分にはリベリーが左サイドからドリブルで中央へ進み、レヴァンドフスキへラストパス。背番号「9」はペナルティーエリア手前から強烈なシュートを突き刺した。レヴァンドフスキが前半だけでハットトリックを達成し、バイエルンが3点リードで前半を終えた。

 3-0で後半を迎えたバイエルンは72分、スルーパスに反応して最終ラインの背後を取ったレヴァンドフスキがペナルティーエリアに入り、左側を並走していたビダルへラストパス。ビダルは無人のゴールへ難なく押し込み、チーム4ゴール目を挙げた。

 そしてゴールラッシュの締めくくりは77分、ジョシュア・キミッヒの左CKに反応したマッツ・フンメルスがヘディングシュートをゴール右隅へ決めた。

 試合は5-0で終了。レヴァンドフスキのハットトリックなどで大勝を収めたバイエルンが2回戦進出を決めた。バイエルンは26日、ブンデスリーガ第1節でブレーメンと対戦する。

【スコア】
カールツァイス・イェーナ 0-5 バイエルン

【得点者】
0-1 3分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-2 34分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-3 44分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-4 72分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
0-5 77分 マッツ・フンメルス(バイエルン)

SOCCER KING

最終更新:8月20日(土)10時52分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。