ここから本文です

川崎が浦和との直接対決制して首位再浮上…湘南は泥沼7連敗/J1・2nd第9節

SOCCER KING 8月20日(土)22時59分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節が20日に各地で行われた。

 前節、セカンドステージ2位に後退した川崎フロンターレが、さっそく首位の座を譲った浦和レッズとの直接対決を迎えた。開始15分に中村憲剛のゴールで先制したものの、28分に李忠成の同点弾を許す。だが71分に途中出場した森谷賢太郎が3分後の74分に勝ち越しゴールを獲得。これが決勝点となり、川崎が敵地で2-1の勝利を収めて、首位の座を奪還した。敗れた浦和は連勝が4で止まり、11試合ぶりの黒星となった。

 6連敗を喫している年間17位の湘南ベルマーレは、アウェーで同3位の鹿島アントラーズと対戦。80分に許した鈴木優磨のゴールが決勝点となり、0-1で敗れて泥沼の7連敗となった。

 また、勝利が遠い名古屋グランパスは、柏レイソルと対戦し、1-3で17試合未勝利となる敗戦。降格圏内の年間16位に沈む名古屋は、残留圏内の同15位ヴァンフォーレ甲府がサンフレッチェ広島に勝利したため、年間勝ち点差が「7」に広がった。

■J1 2nd第9節結果
鹿島アントラーズ 1-0 湘南ベルマーレ
1-0 80分 鈴木優磨(鹿島)

大宮アルディージャ 2-1 ベガルタ仙台
1-0 37分 家長昭博(大宮)
1-1 76分 三田啓貴(仙台)
2-1 89分 江坂任(大宮)

浦和レッズ 1-2 川崎フロンターレ
0-1 15分 中村憲剛(川崎)
1-1 28分 李忠成(浦和)
1-2 74分 森谷賢太郎(川崎)

柏レイソル 3-1 名古屋グランパス
1-0 58分 伊東純也(柏)
2-0 70分 クリスティアーノ(柏)
3-0 75分 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)
3-1 81分 川又堅碁(名古屋)

FC東京 1-0 横浜F・マリノス
1-0 42分 東慶悟(FC東京)

アルビレックス新潟 3-0 アビスパ福岡
1-0 55分 ラファエル・シルバ(新潟)
2-0 80分 レオ・シルバ(新潟)
3-0 90+2分 レオ・シルバ(新潟)

ジュビロ磐田 1-1 サガン鳥栖
0-1 12分 鎌田大地(鳥栖)
1-1 90+3分 ジェイ(磐田)

ガンバ大阪 0-1 ヴィッセル神戸
0-1 14分 ペドロ・ジュニオール(神戸)

サンフレッチェ広島 0-1 ヴァンフォーレ甲府
0-1 77分 田中佑昌(甲府)

■J1 2nd第9節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点22/得失点差13)
2位 浦和(2位)(勝ち点22/得失点11)
3位 鳥栖(11位)(勝ち点18/得失点5)
4位 G大阪(5位)(勝ち点17/得失点6)
5位 横浜FM(8位)(勝ち点16/得失点7)
6位 神戸(9位)(勝ち点16/得失点6)
7位 柏(6位)(勝ち点16/得失点1)
8位 広島(4位)(勝ち点14/得失点4)
9位 鹿島(3位)(勝ち点13/得失点2)
10位 大宮(7位)(勝ち点13/得失点1)
11位 仙台(10位)(勝ち点13/得失点-2)
12位 FC東京(12位)(勝ち点12/得失点-3)
13位 甲府(15位)(勝ち点11/得失点-6)
14位 新潟(14位)(勝ち点9/得失点-1)
15位 磐田(13位)(勝ち点5/得失点-7)
16位 福岡(18位)(勝ち点5/得失点-9)
17位 湘南(17位)(勝ち点3/得失点-13)
18位 名古屋(16位)(勝ち点2/得失点-15)

■J1 2nd第10節対戦カード
▼8月24日開催
福岡 vs 磐田

▼8月27日開催
甲府 vs 大宮
名古屋vs FC東京
湘南 vs G大阪
仙台 vs 広島
川崎 vs 柏
横浜FM vs 鹿島
神戸 vs 浦和
鳥栖 vs 新潟

SOCCER KING

最終更新:8月20日(土)23時4分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]