ここから本文です

ADOデンハーグが逆転勝利で開幕3連勝! 3戦連続先発のハーフナーは豪快ヘッドも不発

ゲキサカ 8月20日(土)5時15分配信

[8.19 エールディビジ第3節 エクセルシオール 1-2 ADOデンハーグ]

 エールディビジは19日、第3節1日目を行い、FWハーフナー・マイクの所属する2位ADOデンハーグは3位エクセルシオールと対戦。2-1で逆転勝利を収め、開幕3連勝を飾った。3試合連続で先発出場したハーフナーは後半43分までプレーしている。

 立ち上がりにいきなり出鼻をくじかれたADOデンハーグ。前半8分、エクセルシオールが右CKを獲得し、キッカーのMFライアン・コールワイクが右足でクロスを上げる。ゴールエリア中央にノーマークで飛び込んだDFユルヘン・マテイが頭で押し込み、先制ゴールを奪った。

 1点を追いかけるADOデンハーグは前半24分、右サイドを強引に突破したFWルベン・スハーケンのクロスから、PA内中央のハーフナーが2人の相手DFに競り勝ち、豪快なヘディングシュートを放つも、クロスバーをわずかに越えた。

 それでもADOデンハーグは前半25分に同点に追いつく。右サイドをオーバーラップしたDFホセ・サン・ロマンがPA右脇で粘って中央へ折り返すと、ボックス外から走り込んだFWヘルファネ・カスタネールがPA内右から右足でダイレクトシュート。見事にニアを打ち抜き、ゲームを振り出しに戻した。

 前半を1-1で終え、後半の序盤はピンチが続いたADOデンハーグだったが、後半23分に右CKのチャンス。キッカーのMFエドゥアール・デュプランが右足で精度の高いクロスを送り、ハーフナーを越えたボールにPA内中央のDFトム・ブヘルスダイクがヘッドで合わせる。これがゴール右に決まり、守勢だったADOデンハーグが逆転に成功した。

 ハーフナーは終盤まで体を張ったポストプレーなどで貢献し、後半43分にFWデニス・ファン・デル・ハイデンと交代。ADOデンハーグは最後までリードを守り抜き、開幕3連勝を果たした。

最終更新:8月20日(土)5時15分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]