ここから本文です

ドルトムントが早くも今季最初の“タイトル”獲得

ゲキサカ 8月20日(土)8時9分配信

 MF香川真司の所属するドルトムントがデュッセルドルフにあるメディアデザイン大学から「ブンデスリーガで最も快適かつ魅力的なユニフォーム」に選ばれた。19日にクラブ公式サイトが伝えている。

 同大学がこの投票を行うのは今回が10回目。審査員はブンデスリーガの各クラブのユニフォームを、全体的な印象、デザイン、色、視覚的効果、着たときのフィット感など、さまざまな項目からチェックし、ドルトムントのユニフォームが全項目で1位になったという。

 審査員はドルトムントのユニフォームを「黄色に太さの異なる黒のストライプが入った目を引くデザイン。体にもフィットし、ダイナミックなデザインを際立たせているのに加え、黒のパンツ、黄色と黒のソックスともよく合っている」と評価。ドルトムントがブンデスリーガ開幕を前に、まず最初の“タイトル”を手にした。

最終更新:8月20日(土)8時11分

ゲキサカ