ここから本文です

国内杯王者バイエルンが5発スタート、アンチェロッティ「非常に満足している」

ゲキサカ 8/20(土) 17:42配信

[8.19 DFBポカール1回戦 カール・ツァイス・イェーナ0-5バイエルン]

 バイエルンは19日、DFBポカール(ドイツ国内杯)1回戦でカール・ツァイス・イェーナ(4部)と対戦し、5-0で快勝した。カルロ・アンチェロッティ監督が満足を示している。クラブ公式サイトが伝えている。

 14日に行われたドイツスーパー杯でドルトムントに2-0で勝利し、今季初のタイトルを獲得していたバイエルン。前半だけでFWロベルト・レバンドフスキがハットトリックを達成すると、後半にもMFアルトゥーロ・ビダルとDFマッツ・フンメルスが加点。昨季王者が5-0の大勝で2回戦進出を決めた。

 アンチェロッティ監督は、「イマジネーションもプレーの姿勢も総じて良かった。早い段階でゴールが奪えたし、試合を上手くコントロールすることができた。その点について非常に満足している」と喜んだ。

 この試合では、ドルトムント戦でフル出場したフンメルスがベンチスタートとなり、後半6分にDFハビ・マルティネスと代わって入った。「マッツ(・フンメルス)は、ドルトムント戦でフル出場したので、最初は休ませることにした。(ハビ・)マルティネスも自分の仕事をきちんとこなした」と理由を説明し、マルティネスを称えた。

 バイエルンは26日にホームでブレーメンとのブンデスリーガ開幕戦を戦う。

最終更新:8/20(土) 17:42

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報