ここから本文です

神戸が“阪神ダービー”シーズンダブル!!G大阪の連勝止める

ゲキサカ 8/20(土) 21:11配信

[8.20 J1第2ステージ第9節 G大阪0-1神戸 吹田S]

 ヴィッセル神戸が敵地でガンバ大阪を1-0で下した。神戸は5月以来、今季3度目の連勝を決めた。今季のG大阪との“阪神ダービー”は、3月の対戦(○2-1)に続き2連勝となった。G大阪の連勝は3でストップした。

 前半からペースを掴んだのは神戸だった。前半14分にはCKの流れからMF中坂勇哉がドリブルで持ち込んでシュート。こぼれ球をDF岩波拓也が押し込むと、最後は左サイドにいたFWペドロ・ジュニオールが流し込み、先制に成功した。ペドロは2戦連続ゴールとなった。

 1点ビハインドで折り返したG大阪は、後半からリオデジャネイロ五輪から帰ってきたDF藤春廣輝を投入。流れを引き戻しに行く。その藤春は投入直後の後半4分に左サイドからのクロスでチャンスメイクを図るなど、いきなり存在感を見せた。

 しかし、この日のG大阪は決定力を欠く。象徴的だったのは後半18分、エリア内でMF今野泰幸がMF渡邉千真に倒されてPKを獲得。これをFWアデミウソンが狙うが、シュートはGKキム・スンギュの完ぺきなセーブに遭ってしまう。長谷川健太監督は、同21分にFW長沢駿、同42分にMF堂安律を投入するが、神戸に逃げ切られてしまった。

 神戸はPKストップはもちろん、その他にも安定したセーブが光ったキム・スンギュの活躍が目立った。3戦ぶりの完封勝利に導いた韓国人守護神は「前からみんな頑張って守備をしてくれた。それがこの結果につながった。あのピンチ(PK)を防ぐことが出来れば、この試合は勝てるという感覚があった。そのあとのいいセーブにも繋がって、非常に良かった」と満足げに振り返った。

最終更新:8/20(土) 21:11

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革