ここから本文です

台湾グローバルウェーハズ、米サンエジソン買収で合意-680億円

Bloomberg 8月19日(金)10時47分配信

台湾の半導体メーカー、グローバルウェーハズ(環球晶円)は、米同業サンエジソン・セミコンダクターの買収で合意した。買収額は債務引き受けを含めて6億8300万ドル(約680億円)。グローバルウェーハズは新たな顧客と生産設備を手に入れることで、シリコンウエハー市場でシェア拡大が見込めるとしている。

グローバルウェーハズのドリス・スー会長兼最高経営責任者(CEO)は18日のインタビューで、両社合計の市場シェアが現在17%でシリコンウエハーメーカーとして世界3位になると説明した上で、20%が視野に入っていると述べた。2017年の業界全体の伸びについては4-6%との見通しを示した。

ブルームバーグの集計データによると、グローバルウェーハズは現在、サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)、東芝などを顧客に持つ。サンエジソン買収は韓国や欧州連合(EU)市場へのアクセス拡大につながる。

両社の発表資料によれば、サンエジソンの株主は1株当たり現金12ドルを受け取る。これは17日の終値を45%上回る水準。両社取締役会は合併を支持している。

原題:GlobalWafers Eyes More Market Share After $683 Million Deal (1)(抜粋)

Miaojung Lin

最終更新:8月19日(金)10時47分

Bloomberg