ここから本文です

100組以上のアーティストが集結!3度目の〈あいちトリエンナーレ2016〉/愛知

Webマガジン コロカル 8月20日(土)13時44分配信

コロカルニュースvol.1816

国内外のさまざまな地域から、多様なジャンルのアーティストが100組以上集結! 3度目となる国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ〉が、愛知県内各エリア(名古屋市、岡崎市、豊橋市)でスタート。8月11日より10月23日の74日間にわたり、開催されます。

【写真ギャラリーで見る】100組以上のアーティストが集結!3度目の〈あいちトリエンナーレ2016〉/愛知

芸術監督に、写真家、映像人類学者として活躍する港千尋さんを迎えた今回。「〈虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅〉というテーマのもと、美術・映像・音楽・パフォーマンスなど、現代行われている芸術活動をできる限り、複合的に扱い、芸術がもともと原初的に持っていたであろう、自然界との連続性を再発見する」といったコンセプトを掲げています。

なんと、38の国と地域から119組のアーティストが集結。これまでと同様に、まちなかにアートを散りばめ、その出会いをも楽しませる演出は今年もそのまま引き継がれています。

豊橋市は今回追加された新エリア。路面電車が走る風景が残る中心市街地の駅前周辺のほか、オフィスや飲食店などが入居するビルなどで展示が行われます。

今回、特徴的なのは、ほかの芸術祭ではこれまで取り上げられてこなかった、中近東や中南米といった国々で活躍する、コアなアーティストの作品が集められている点でしょう。

それでは、会場のひとつである、愛知芸術文化センターの作品をご紹介。センター内の愛知県美術館の最初を飾る作品は、〈あいちトリエンナーレ2016〉公式ポスターのメインビジュアルにも起用されているアメリカのアーティスト、ジェリー・グレッツィンガー。

彼は、これまで50年以上も架空のまちの地図をひたすら個人的に描き続けてきた人物ですが、港芸術監督の目にとまり、今回初めて、日本で紹介されることになりました。

壁と床を使い、溢れんばかりに展示されたカラフルで緻密な架空の地図は、足を止めて、じっくりと眺めていたくなる吸引力を持った作品です。

そして、大巻伸嗣による『Echoes Infinity - 永遠と一瞬』は、日本絵画の顔料の粉で描かれた花模様。一辺15mの以上のホワイトキューブを埋め尽くす、圧巻の作品です。ほか、大巻伸嗣は、〈損保ジャパン日本興亜名古屋ビル〉にて、暗闇の中にじんわりと空気の流れが浮かび上がる、インスタレーション作品『Liminal Air - 黒の深度』を展示。同じ作家でも、場ごとに作風ががらりと違う作品を展開しているのもこのトリエンナーレの特筆すべき点でしょう。

また愛知県美術館には、2006年から世界各地で滞在制作を発表してきた、アーティスト・三田村光土里によるインスタレーション作品も。

そのほか、総勢35組以上に及ぶ国内外アーティストの作品が、愛知県芸術文化センター及び愛知県美術館に展開されています。

愛知県の3つのエリアで、往く先々に待ち受ける、アートとの新たな出会いを楽しんでみてはいかがでしょう。あなたはどんな旅路を描きますか?

Information
あいちトリエンナーレ2016
住所:名古屋市、岡崎市、豊橋市各所


writer profile
Takatoshi Takebe
武部敬俊
たけべ・たかとし●岐阜出身。名古屋在住。出版/編集職に従事した後、ひとりで制作・出版する雑誌“THISIS(NOT)MAGAZINE”を手がける。現在は多数のイベントを企画制作しつつ、ウェブマガジン“LIVERARY”を日々更新/精進しています。押忍!

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8月20日(土)13時44分

Webマガジン コロカル