ここから本文です

【速報】野村敏京、6バーディ量産 メダル圏内でホールアウト

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/21(日) 0:38配信

リオデジャネイロ五輪の女子ゴルフは20日、最終ラウンドを実施。通算3アンダーの15位から出た野村敏京は6バーディ、ノーボギーの「65」(パー71)でプレーし、通算9アンダーとして終えた。ホールアウト時点での順位は3位タイ。メダル獲得は、後続の選手の成績にゆだねられた。

地球の向こう側から直送!リオ五輪のフォトギャラリー

3番で3m強のチャンスを生かし、バーディを先行。8番(パー3)でもバーディを奪って前半を折り返した。11番でも3m弱につけて1つ伸ばすと、15番、16番では連続でバーディを奪った。最終18番でも3打目のアプローチを1mにつけて、バーディフィニッシュとした。

ホールアウト直後の時点では、13ホールを終えた朴仁妃(韓国)が通算15アンダーとして、首位。4ホールを残すフォン・シャンシャン(中国)が通算10アンダーで、2位となっている。野村と同じ通算9アンダーに1ホールを残すステーシー・ルイス(米国)。

大山志保は通算8オーバーで4日間の戦いを終えた。

最終更新:8/21(日) 0:38

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)