ここから本文です

見れば見るほど盆栽 敦賀、小田さんクラフト展

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月21日(日)9時33分配信

 クラフト粘土作家の小田和子さん(66)=敦賀市市野々町2丁目=による「クラフト盆栽展」が、敦賀市本町2丁目の北陸銀行敦賀支店で開かれている。実物と見間違うほど忠実に作られた、ウメやサルスベリの盆栽が来場者を楽しませている。31日まで。
 小田さんは小麦粉から作られる「パン粘土」を使い、洋花などの制作を30年近く続けている。実際に盆栽を購入したり借りたりして作った、色鮮やかな盆栽など約30点を並べた。
 白とピンク色のかわいらしい花が目を引くサツキの盆栽は、プラスチックなどの葉型を使い数百枚の葉を作り、約1年かけて作り上げた労作。葉脈まで丁寧に、一枚一枚油絵の具で着色した。
 小田さんは「どれだけ本物に近づけられたかを見てほしい」と話していた。

最終更新:8月21日(日)9時33分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ