ここから本文です

【新体操】団体決勝進出 畠山愛理「スカートが吹っ飛ぶぐらい大きく踊りたい」

東スポWeb 8月21日(日)3時5分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ20日(日本時間21日)発】新体操の団体予選が行われ、フェアリージャパンこと日本代表は35・149点(リボン=17・416点、クラブ・フープ=17・733点)をマークし、5位で上位8チームによる決勝に進んだ。日本が決勝に進むのはロンドン五輪に続き2大会連続。

 最高難度の大技「リボン4本投げ」を見事に決めて6位で発進すると、2種目のクラブ・フープでは、曲調に合わせた伸びやかな演技で会場を盛り上げた。

 畠山愛理(22=東京ジュニア体操クラブ)は「最初は緊張していたけど、マットに上がると落ち着いてできた。4本投げのときは会場がすごく盛り上がってくれた。2種目目はもっと弾けていいのかと思う。スカートが吹っ飛ぶぐらい大きく踊りたい」と意気込みを語った。

 決勝は21日(日本時間22日)に行われる。

最終更新:8月21日(日)3時20分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]