ここから本文です

ラジオ体操をビジネスパーソンにおすすめする理由

ZUU online 8月21日(日)6時10分配信

みなさんは、ラジオ体操が実は「健康の維持向上に適する全身運動」として今、注目を浴びていることをご存知ですか?

ほとんどの方が子どもの頃、学校の授業や運動会、夏休みの早朝に校庭や公園などでラジオ体操をした経験があるのではないでしょうか。そんなラジオ体操が、「大人の健康維持方法」や「ビジネスパーソンのリラックスメソッド」として活用する人が増えているのです。

ラジオ体操は手の先から足の先まで、体すべての筋肉と関節を動かす全身運動を基にした体操です。筋肉の伸縮や関節の可動域など、体の仕組みを考慮して作られています。そのため、筋力アップや関節のケガ防止など、さまざまな健康増進に効果があるといわれています。

■ラジオ体操がなぜ「優れたエクササイズ」と言われるのか?

ラジオ体操は数分間程度と、比較的時間は短い体操なのですが、その短い時間の中でうまく全身の筋肉を使うように構成されている優秀な体操なのです。主な種類はラジオ体操第一・第二と2種類あり、動き自体はそれぞれに13個ずつあります。

あまり意識することはないと思いますが、ラジオ体操の合計26個の動きを行うことで、全身約600種類の筋肉のうち約400種類の筋肉を動かしていることになるのだそうです。全身の筋肉のうち約半分以上の筋肉を、わずか数分間の体操で動かすことができるのは高効率なエクササイズだといえます。

さらにラジオ体操は、一般的なスポーツと同等レベルのカロリー消費が期待できます。 正しい体操フォームでじっくりと行えば、早めのウォーキング(90~100メートル/分)に匹敵するカロリー消費になるのです。カロリー消費の多いラジオ体操は立派な「有酸素運動」であり、体の各部位それぞれの筋肉を適度に伸ばし鍛えることができる「筋トレ」や「柔軟運動」でもあります。

■ラジオ体操はビジネスパーソンに多い「肩こり」「頭痛」にも効果的

長時間のデスクワークをおこなうビジネスパーソンの中で、肩こりや頭痛に悩んでいる人はかなり多いのではないでしょうか。

商談やプレゼンテーションのための資料作りやデータまとめなど、とくに忙しい時期はパソコン作業が一日中続くこともあるでしょう。その結果、疲労もあいまって、肩こりが原因の頭痛や目の疲れなどの症状に悩まされる人も少なくありません。

そんなときは、ラジオ体操を休憩時間や時間が空いたときに行って、同じ姿勢を続けて緊張し収縮してしまった筋肉を緩めてあげることがおすすめです。ラジオ体操で肩や胸・背中などの筋肉と関節を大きく動かせば、肩周辺の筋肉がほどよくほぐされ、血行も回復していくことでしょう。

1日に2~3回ほどできれば理想なのですが、最初のうちは慣れない筋肉の動きから、肩を筆頭に全身の筋肉が痛くなるかもしれません。しかし、体の動きが慣れるまで続けることができれば、劇的ではありませんが少しずつ血行が良くなり肩こりがほぐれてくるはずです。

■ラジオ体操がもたらしてくれる多くの「体の悩み改善」効果

ラジオ体操は、肩こりや頭痛の解消効果が期待できますが、他の筋肉や体の器官に対する多くの嬉しい効果もあります。まず血液の流れがよくなることから、体の「新陳代謝」が活性化します。新陳代謝の活性化による細胞の活発化は、冷え性・便秘・不眠・疲れやすい体質など体のトラブル改善につながるのです。

また、全身の筋肉や関節を動かすことになるため、筋力強化による姿勢矯正効果や脂肪燃焼によるダイエット効果も期待できます。

年齢にかかわらず、すべての人がそれぞれに持つ体の悩みを改善するのに、ラジオ体操は良いきっかけになるのではないでしょうか。

ラジオ体操の軽快な音楽に合わせて体を動かすことは、気持ちのリラックス効果にもつながります。ラジオ体操は、体の健康を維持向上させることができる方法ですが、気分的なもの「精神的な健康」を維持向上させることもできる、まさに万能エクササイズなのです。(提供:ヘルスグリッドオンライン)

最終更新:8月21日(日)6時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]