ここから本文です

【NFL】ろっ骨にひびの新人QBウェンツ、負傷後初めて投球へ

NFL JAPAN 8月21日(日)14時16分配信

 実戦デビューとなった現地11日のプレシーズン初戦でろっ骨に細いひびが入ってしまったフィラデルフィア・イーグルスの新人クォーターバック(QB)カーソン・ウェンツが、20日に負傷後初めてボールを投げる見込みであることが分かった。

 これはダグ・ピーダーソンHCが報道陣に明かしたもの。指揮官によるとウェンツのケガは依然として日々様子見の状態ではあるが、「今日(20日)は投げさせてみる」とコメント。しかし、「焦らせるつもりはない」と慎重な姿勢も見せた。

 今年のドラフト全体2位指名のウェンツは、QBのデプスではサム・ブラッドフォードとチェース・ダニエルに次ぐ3番手に登録されている。イーグルスはドラフト指名当初から今季を育成期間に充てる方針を示しており、今回の負傷は大したダメージにはならないとみられる。

 またピーダーソンHCはこの日、ドラフト7巡指名のラインバッカー(LB)ジョー・ウォーカーがプレシーズン第2週のピッツバーグ・スティーラーズ戦で前十字じん帯(ACL)を断裂し、今季絶望となる見込みであると明かした。

<フィラデルフィア・イーグルス>

最終更新:8月21日(日)14時20分

NFL JAPAN