ここから本文です

前川清、故郷・長崎のイメキャラ就任 地元の冠番組全国放送も

デイリースポーツ 8月21日(日)5時59分配信

 歌手の前川清(68)が、JR6社と故郷・長崎県による観光キャンペーン「長崎デスティネーションキャンペーン」のイメージキャラクターに就任することが20日、分かった。9月から全国のJR主要駅などで掲示される「長崎は今日も○○だった」というキャッチコピーを使ったポスター5種に登場する。また、九州朝日放送のレギュラー番組「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」が、10月2日に初めて全国放送されることが発表された。

 内山田洋とクール・ファイブ時代の代表曲「長崎は今日も雨だった」をもじったコピーと共に、故郷の観光の顔になる。同キャンペーンは10~12月にJR6社と県、関係団体が共同で行う全国規模のもので、9月1日から5種類のポスターが5連で掲示される。

 長崎はさだまさし、福山雅治ら多くのスターを輩出。今回、「温かみがあり親しみやすい。何より幅広い年代に人気がある」として前川が起用された。ポスターを見た前川も「面白いね!キャッチコピーもいいし、長崎のいいPRになると思う」と大喜びだ。

 前川はこの日、九州地区で日曜昼の放送ながら平均10%超の視聴率を誇る「-タビ好キ」のファン感謝祭を長崎市内で開催。2000人の枠に約2万6000通もの応募が殺到し、徹夜組も出現するなど、地元での人気は絶大だ。

 ステージではサプライズでギターの弾き語りを披露し、代表曲や新曲「倖せの約束」などを熱唱。10月2日には同番組が初めて全国放送(テレビ朝日系)されることをファンに報告し「この番組で皆さんと交流して、観光キャンペーンにもつながった」と感謝した。

 また、1日遅れで68歳の誕生日を祝福され、「これからどんどん若くなるよ」と、さらなる活躍を誓った。

最終更新:8月21日(日)6時37分

デイリースポーツ