ここから本文です

牛肉ゴロッ、チーズケーキさわやか…“JAL機内の資生堂パーラー”実食

レスポンス 8月21日(日)11時45分配信

成田、中部、関空から発つホノルル行き日本航空(JAL)便で9月から始まる機内食「資生堂パーラー For Resort」。実際にエコノミークラス席で試してみると、ビーフシチュー、キッシュ、チーズケーキにパンと、“THE洋食”の雰囲気。でも、あれ? バターがない。

[関連写真]

「西洋モダン機内食」がテーマのJALホノルル線新機内食は、資生堂パーラーらしい“ご飯に合う洋食”の代表といわれるビーフシチューに、ベーコンキッシュやポテトサラダ、パン、チーズケーキが組む。

「これぞ資生堂パーラーの味」といわれるビーフシチューは、筋や脂をていねいに取り除いた牛肉がゴロッと4個。ターメリックライスやパンといっしょにいけば、いろいろな食感と味が楽しめる。

デザートのチーズケーキは、「資生堂パーラーの看板商品であるチーズケーキを、ハワイらしくパイナップル味に仕上げた」という。ズシッと重みのあるそれは、乾燥気味の機内でも、しっとりとした食感。パイナップルのさわやかな香りがチーズの味と相まって、コーヒーがすすむ。「JALホノルル線のために開発したオリジナルフレーバー」と監修した資生堂パーラーはいう。

そのチーズケーキに手を出す前、半分ほど残っていたパンに、バターを添えていただこうかと思い探すが、ない。バターを載せ忘れたかと思い、聞いてみると、「シチューやキッシュといっしょに食べてもらいたいということから、もともとバターを添えてない」と返ってきた。

四季ごとにメインディッシュが変わるJALホノルル線 新機内食「資生堂パーラー For Resort」。12月からの冬メニューは、「煮込みハンバーグ クリームソースをかけたオープンオムライスとともに」へ変わる。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月21日(日)11時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。