ここから本文です

台湾の入れ墨彫り師、「宮本武蔵」で優勝=ドイツの国際大会

中央社フォーカス台湾 8月21日(日)17時43分配信

(雲林 21日 中央社)雲林県斗六市の入れ墨彫り師、陳韋佐さんが約11カ月かけて彫った作品が今月中旬、ドイツ・ベルリンで開催された第26回国際タトゥーコンベンションでアジア部門の優勝に輝いた。陳さんは、「達成感がある」と誇らしげだ。

メタルバンドのメンバーで、かつて祖父が日本で剣道場を営んでいたという侯景文さんの肩から両腕や臀部(でんぶ)にかけて彫られた。背中には宮本武蔵の顔が浮かぶ。

色合いや緻密さ、力強さに加え、構図などが審査員の注目を集めたと語る陳さん。ほかの作品と比べ、じっくり時間をかけて見られたという。同作品は今年5月に中国大陸・北京で開かれた大会でも2部門で優勝。施術時は痛みと出血に悩まされたが、栄えある栄光に「それも価値があった」と侯さんは話している。

(江俊亮/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月21日(日)17時43分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。