ここから本文です

[芸能]BIGBANGデビュー10周年公演 6万5千人熱狂

聯合ニュース 8月21日(日)9時44分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BIGBANG(ビッグバン)が20日、ソウルワールドカップ競技場でデビュー10周年記念コンサート「BIGBANG10 THE CONCERT 0.TO.10」を開催した。趣向を凝らしたライブで、猛暑にもかかわらず会場に詰めかけた6万5000人の観客を熱狂させた。

 BIGBANGはこの日、デビュー後10年間の歴史を振り返る記念碑的なステージを披露した。

 「BAD BOY」「Haru Haru」「BANG BANG  BANG」「FANTASTIC BABY」などのヒット曲やD-LITE(ディライト)の「ナルバキスン(Look at me、Gwisun)」、G-DRAGON(ジードラゴン)の「Heartbreaker」などメンバーのソロ曲を合わせ22曲を熱唱した。

 会場には日本、中国、米国など海外のファンも訪れ、BIGBANGのグローバルな人気を見せつけた。また、中年層や家族連れの姿もあり幅広い年齢層の観客が公演を楽しんだ。

 6万5000人の観客の規模にBIGBANGも驚きを隠せない様子だった。

 「海外での活動が多く、韓国で人気がなかったどうしようと心配した」というG-DRAGONは、会場に来て人気の高さを確認できたと語った。SOL(ソル)は「多くの方が来るとは思わなかった。公演を2日間開けばよかった」と残念がった。

 公演の終盤、メンバーはデビュー10周年を迎えた感想も語った。

 G-DRAGONは「VIP(オフィシャルファンクラブ)がBIGBANGを育ててくれた。10年があっという間に過ぎた。10年後も楽しく、長々と会いたい」と話した。

 T.O.P(トップ)は「10年前は少年だったが、皆さんのおかげで新しい作品や結果を想像し実践に移すことができた」と振り返った。

 D-LITEは「最近は幸せだ、感謝しているという言葉をよく口にする」と述べながら、10年間共に歩んできたファンに感謝の気持ちを伝えた。

最終更新:8月21日(日)9時58分

聯合ニュース