ここから本文です

競歩・荒井広宙 正真正銘の「銅」接触巡りゴールからドタバタ3時間半

デイリースポーツ 8月21日(日)6時3分配信

 「リオ五輪・陸上男子50キロ競歩」(19日、ポンタル周回コース)

 男子50キロ競歩が行われ、3時間41分24秒の3着でゴールした荒井広宙(28)=自衛隊体育学校=は、ゴール直前に争いを繰り広げていたエバン・ダンフィー(カナダ)を妨害したとして一度失格となったが、日本チームの抗議で判定が覆り、日本の五輪競歩史上初となる銅メダルを獲得した。異例のドタバタ劇の末に、陸上では今大会日本のメダル1号となった。昨年の世界選手権銅メダルの谷井孝行(33)=自衛隊体育学校=は14位、森岡紘一朗(31)=富士通=は27位だった。

【写真】吉報はメールで…日本の上訴実った

 荒井が3番目にゴールしてから約3時間半後、ジェットコースターのような目まぐるしい展開を見せたドタバタ劇を経て、ようやく日本競歩界初のメダルが決まった。2度目のメダリストインタビュー。再び日の丸をまとい、姿を見せた荒井はホッとしたように笑いながら言った。

 「お騒がせしました。申し訳ないです」

 ゴールまで残り800メートル地点で“事件”は起きた。3位だった荒井を、追い上げてきたカナダのダンフィーが抜いた。「ここで仕掛けなきゃ終わりだ」と意地のスパートをかけた荒井が内側から抜きかえそうとしたときに、腕と肩付近がダンフィーに接触。その後、ダンフィーは力なくよろけ、荒井はそのまま抜けだし3位でフィニッシュした。

 死力を尽くしたゴールだったが、ここからがドラマの始まりだった。カナダ陸連は接触は荒井の反則だと主張し、抗議文を提出。審判委員長が異議を認めて一時はダンフィーが3位となり、荒井は失格が確定した。

 ただ、ここから日本陸連の対応も迅速だった。麻場監督は「明らかに不可抗力だし、向こうの肘が先に当たっている。納得できない」と、すぐさま国際陸連に上訴。国内からレース映像を取り寄せて問題点を洗い出し、文書にして提出した。ダンフィーの肘が先に荒井に接触していること、ダンフィーが接触に関係ない場面でよろけていることなどを強調。国際陸連理事5人による上訴審議の結果、日本の訴えが認められ、ようやく荒井の銅メダルが確定した。

 日本関係者へメールで吉報が届けられたのは公式発表より早い午後3時14分で、レース終了から約3時間半。スタートから計7時間の“激闘”に終止符が打たれた。

 荒井にとっては15年にがんで亡くなった母・繁美さんに捧げるメダル。思わぬ形での最終決定となったが、リオの晴天の向こうにいる母に最高の報告ができる。「帰って早く仏壇にメダルを掛けてあげたい」。おそらく、はらはらドキドキで見守ってくれた亡き母を思い、ようやく柔らかな笑みが浮かんだ。

最終更新:8月21日(日)8時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]