ここから本文です

慶良間のサンゴ、一部変色

琉球新報 8月21日(日)5時2分配信

 猛暑が続く中、県内では7月以降、本島や離島近海でサンゴの白化現象が確認されている。本紙カメラマンが18日から20日にかけて「ケラマブルー」と称され、世界中のダイバーを魅了する国立公園・慶良間諸島近海に潜り、一部のサンゴやイソギンチャクに若干の変色を確認した。

琉球新報社

最終更新:8月21日(日)5時2分

琉球新報