ここから本文です

コスモガラサが断然人気に応え6馬身差圧勝/志布志湾賞・佐賀

netkeiba.com 8月21日(日)18時45分配信

 21日、佐賀競馬場で行われた第4回志布志湾賞(3歳上・ダ1400m・1着賞金100万円)は、後方追走から向正面で一気に進出を開始した鮫島克也騎手騎乗の1番人気コスモガラサ(牡7、佐賀・大島静夫厩舎)が、4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の3番人気ミスタージャック(牡5、佐賀・東真市厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分29秒8(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に2番人気エリモブリーズ(牡7、佐賀・東真市厩舎)が入った。

 勝ったコスモガラサは、父ブラックタキシード、母セイチーズ、その父フォーティナイナーという血統。重賞はこれで5勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆コスモガラサ(牡7)
騎手:鮫島克也
厩舎:佐賀・大島静夫
父:ブラックタキシード
母:セイチーズ
母父:フォーティナイナー
馬主:高柳義隆
生産者:加藤牧場
通算成績:78戦11勝(JRA11戦1勝・重賞5勝)

最終更新:8月21日(日)18時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。