ここから本文です

(くらしの扉)足の爪、切ってあげて 自分でケア、困難な高齢者も

朝日新聞デジタル 8月21日(日)11時30分配信 (有料記事)

 高齢になると視力の低下で足の爪が切りづらくなったり、ケアが不十分になったりしがちです。家族などが爪を切ってあげる場合の注意点や清潔に保つためのコツを取材しました。

 横浜市の介護職員、横田優美子さん(52)は特別養護老人ホームで暮らす90歳の義母に会いに行き、爪を切ることがある。
 義母は要介護5で寝たきりの状態。最近、足に水虫ができ、爪が分厚くなって爪切りでは切りづらい時もある。横田さんは「仕事で会う高齢者の方も、かがむのがつらくなって自分で足の爪を切れないという人がいる。高齢になるほど足を清潔に保つのは大変だと感じます」。……本文:2,809文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月21日(日)11時30分

朝日新聞デジタル