ここから本文です

ネイマールに始まり、ネイマールに終わる ブラジルがPK戦の末に金!/五輪サッカー

ISM 8月21日(日)11時30分配信

 リオ五輪サッカー男子は現地時間20日に決勝と3位決定戦が行なわれ、ともに初の金メダル獲得を目指すブラジルとドイツの決勝は1対1のまま決着せず、迎えたPK戦を5対4で制したブラジルが悲願の初優勝を果たした。

 唯一手にしていない「五輪での金」を目指してピッチに立ったブラジルは開始26分、エリア手前左でFKを獲得すると、キッカのネイマールが放ったボールはカーブを描いてゴール左隅へ。両手を挙げてジャンプしたGKホルンをすり抜けるようにネットを揺らした。

 主将の一撃で先手を打ったブラジルだが、ドイツも反撃。59分、右からのクロスをメイヤーが冷静に押し込み、同点とする。互いに主将が仕事をした両者の戦いはこのまま1対1で延長戦でも決着せず、勝負はPK戦に持ち込まれた。

 ブラジル、ドイツともにノーミスで展開したPK戦は、ドイツ5人目のペーターゼンが相手GKウェベルトンにセーブされて失敗。対するブラジルは5人目のキッカー、ネイマールが重圧のなかでキックを成功。オーバーエイジ枠でチームを牽引してきたキャプテンが、自身とブラジル国民の夢を叶えた。(STATS-AP)

最終更新:8月21日(日)11時30分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]