ここから本文です

【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…0-100km/h加速2.9秒

レスポンス 8月21日(日)17時15分配信

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは8月19日、米国カリフォルニア州で開催中の「モントレー・カー・ウィーク」において、『センテナリオ ロードスター』をワールドプレミアした。

画像:ランボルギーニ センテナリオ ロードスター

『センテナリオ』は、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデルとして2016年3月、ジュネーブモーターショー16で発表。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。

今回、モントレー・カー・ウィークで初公開されたセンテナリオ ロードスターは従来、クーペボディのみが披露されていた『センテナリオ』初のオープン版。基本設計はクーペと共有しながら、爽快なオープン走行を可能にするロードスターボディを、新たにデザインしている。

ミッドシップには、クーペ同様、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は770hp/8500rpm、最大トルクは70.4kgm/5500rpmと、ランボルギーニ史上最強のパワーを獲得した。

パワーウェイトレシオは、2.04kg/hp。センテナリオ ロードスターは、0-100km/h加速が2.9秒、最高速は350km/hオーバー。0-100km/h加速は、クーペの2.8秒に対してわずか0.1秒差と、世界屈指のパフォーマンスを達成している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月21日(日)17時15分

レスポンス