ここから本文です

Microsoft、Mac向けにもEvernote→OneNoteインポートツールを公開

ITmedia ニュース 8月21日(日)6時48分配信

 米Microsoftは8月18日(現地時間)、米Evernoteのメモアプリ「Evernote」のデータを、競合する自社アプリ「OneNote」にインポートするためのMac版アプリ「OneNote Importer」をリリースしたと発表した。MacのOS X 10.11(El Capitan)以降に対応する。

Microsoftによる比較表

 同社は3月にWindows版インポートツールを公開した際、Mac版の公開を予告していた。

 Mac版はWindows版と同じこちらのページから無料でダウンロードできる。アプリの使い方はこちら(本稿執筆現在、まだ和訳されていない)。

 EvernoteとOneNoteは、Windows、Mac、Android、iOSで利用できるメモアプリ。いずれも無料で利用できるが、Evernoteのすべての機能を利用するには有料プランに加入する必要がある。Evernoteは6月に無料版の同期端末を2台までに減らし、有料版を値上げした。一方、Microsoftは7月のOneNoteのアップデートでWebクリッパー機能など、OneNoteの方が便利だった機能を強化した。

 Microsoftによる「OneNoteとEvernoteの違い」表は3月の時点より項目が増えている。

 Microsoftはまた、Evernoteの6月の値上げに触れ、Evernote Premiumの年額69.99ドル(月額だと7.99ドル)と同額(月額だと6.99ドル)のOffice 365 Personal(日本では提供していない)を購入すれば、OneNoteとOutlook、Word、Excel、PowerPointとをシームレスに連係できる上、1TBのクラウドストレージが使えるとアピールした。

 Microsoftによると、Windows版インポートツールを公開してから約5カ月で、累計7100万ページのEvernoteメモがOneNoteにインポートされたという。

最終更新:8月21日(日)6時48分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]