ここから本文です

室田淳がイーグルVで連覇 リオ帰り倉本昌弘は棄権

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月21日(日)16時41分配信

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 最終日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6911yd(パー72)

写真で振り返る!リオ五輪の名場面

室田淳が「68」でプレーし、通算10アンダーで連覇を決めた。首位タイで出ると11番までに6バーディを量産で抜け出した。14番から3連続ボギーと急失速で後続に並ばれた。最終ホールでイーグルを奪う幕切れだった。

2位には首位タイで出た冨永浩、久保勝美、三好隆の3選手が通算8アンダーで並んだ。米山剛、フランキー・ミノザ(フィリピン)が5位だった。

74位と沈んでいた倉本昌弘は体調不良でスタート前に棄権した。五輪ゴルフ競技対策本部強化委員長として訪れていたブラジル・リオデジャネイロ五輪から16日に帰国したばかり。強行出場による過労で発熱があったとみられる。

最終更新:8月21日(日)16時41分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)