ここから本文です

3連続ボギーで初勝利逃す 24歳・東浩子の止まらぬ涙

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月21日(日)17時46分配信

「今までで一番悔しい終わり方だった」。あふれ出る涙が止まらない。国内女子ツアー「CAT Ladies」最終日、2位から出たツアー未勝利の24歳・東浩子が1バーディ、3ボギーの「75」と、上がり3ホールの3連続ボギーで失速し、通算6アンダー8位でフィニッシュした。

残暑の箱根で熱い戦い!「CAT Ladies」フォトギャラリー

ツアー通算23勝の全美貞(韓国)、昨季賞金女王のイ・ボミ(韓国)という強豪と同組で迎えた最終日最終組。2番で約2mのパーパットを沈めてピンチをしのぐなど、パーを重ねる苦しい展開となった。

終盤に入った16番でボギー。首位を1打差で追う展開で迎えた17番。「ピンを攻めていった」と3mにつけ、決めれば首位をとらえる状況から3パットで、連続ボギーを喫した。最終18番(パー5)では、第3打をグリーン左サイドのラフに落とした。「最後も狙いに行ったけど強く入ってしまった」とピンを大きくオーバーさせ、プレーオフ進出の希望も潰えた。

今週を終えて賞金ランクは51位(1235万2120円)に浮上。2012年のプロ転向から逃してきた、賞金シード獲得も見える位置に来た。「17番で追いつけるところまでイ・ボミさんと、全美貞さんと最後まで競えたことは自信になった。この悔しさを必ずバネにして上位に行けたらいい」と前を向いた。(神奈川県箱根町/糸井順子)

最終更新:8月21日(日)17時46分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]