ここから本文です

男泣きネイマール「歴史を作った」 指揮官「ブラジルの自信回復になる」

ISM 8月21日(日)12時34分配信

 現地時間20日に行なわれた五輪サッカー男子決勝で、PK戦の末にドイツを破り、初の金メダルに輝いたブラジル。主将のFWネイマールは、チームを優勝に導くPKを成功させたあと、ピッチにひざと頭をつき、祈りを捧げるような仕草をしながら涙を流した。

 金メダルという目標のために、コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権100周年記念大会)ではなく五輪出場の道を選んだネイマール。周囲は同選手の爆発に期待を寄せたが、チームは序盤、南アフリカ、イラクを相手に得点を奪うことができず、2試合連続スコアレスドロー。グループリーグ敗退の可能性も浮上し、ネイマールはファンから批判を浴びた。

 しかし、ブラジルはグループリーグ最終戦でデンマークを4対0で退けると、準々決勝のコロンビア戦ではネイマールがFKを決めてついに大会初ゴール。迎えた準決勝のホンジュラス戦でも、五輪史上最速ゴールを挙げるなど奮闘し、決勝では先制点と最後のPKを決めてみせた。

 これまで五輪で3度決勝に進出しながら、どうしても金メダルに手が届かなかったブラジル。重圧のなか任務を終えたネイマールは「歴史を作った」「言葉が見つからない。今の気持ちはとても言葉にできない。とにかくチームメイト、友達、家族に感謝したい。最高につらい時でもずっとそばにいてくれた。簡単ではなかったよ。ほかに何と言えばいいのか分からない。とにかくうれしい」と心境を語っている。

 2014年W杯は準決勝のドイツ戦で1対7と大敗し、15年のコパ・アメリカでは準々決勝でPK戦の末にパラグアイに敗れ、今年のコパ・アメリカでもグループリーグ敗退に終わるなど、フル代表が苦戦続きのブラジル。6月には元同国代表FWリヴァウド氏が、いっそのこと18年W杯南米予選で敗退した方がCBF(ブラジルサッカー連盟)も変われるのではと批判するほどだった。

 こうしたなかで獲得した金メダルに、ロジェリオ・ミカレ監督は「自信を回復してくれる。すべてが失われたわけではない、ブラジルのサッカーはまだ生きていると誰もが目にしたと思う。修正すべき点はいくつかあるが、今日我々は、人々を幸せにすることができた」と話している。(STATS-AP)

最終更新:8月21日(日)12時34分

ISM